各部門の紹介

各部門の紹介

看護部

看護部長あいさつ

看護部長 久保田なほ

 こころの病気にかかられた患者さまやご家族さまは不安、緊張が強く疲れ果て、辛い思いをされています。そのような中、わたしたちは、患者さまにこころとからだが安らげる療養環境をお届けできるよう日々努めております。
 ケアをする上で最も大切にすることは、病気ではなく、ひとりの人を見ようとすることです。それは、だれもが固有の歴史、固有の価値観があり、一度きりの人生を生きているかけがえのない存在としてかかわることです。
 その人がその人らしい人生を送れるよう患者さま、ご家族と気持ちを通じ合わせ共に考え、支えていきたいと思います。
 また、今後も地域に信頼され精神科のニーズに応えられるように努力していきます。

看護部理念

生命の尊厳と人権の尊重を看護の基盤とし、専門的な知識、技術、豊かな人間性をもって
安全・安心・信頼される看護を提供する。

行動指針

1. 私たちは、患者さんにとって、安全で安心な療養環境を提供し、患者様の生活の質を高めます。
2. 私たちは、いかなる場面でも人権を尊重し、患者さんの価値観を大切にします。
3. 精神科疾患や看護に関する専門的知識、技術、精神保健法を学び、法律に則った医療や看護の
  実践をします。
4. 他部門と協働し、患者さんが望む生活が送れるように支援します。
5. 私たちは職務上知り得た情報の管理を適正に行います。

スタッフに大切にしてほしいこと

ケアする上で大切にしてほしい事は、病気ではなく、ひとりの人を見ようとすることです。だれもが、固有の歴史、固有の価値観があり、一度きりの人生を生きている、かけがえのない存在です。その人がその人らしい人生を送れるよう患者さま、ご家族と気持ちを通じ合わせ共に考え、支えていくことです。

令和元年 看護部スローガン

病院の理念・基本方針の周知と実践を行い、より良い看護サービスを提供しよう

令和元年 看護部目標

1. 患者中心性を常に念頭に置き看護を提供します。
2. 医療事故防止及び院内感染防止に努め、医療安全のさらなる強化を図ります。
3. 精神科疾患や看護に関する専門的知識、技術、精神保健法を学び、法律に則った医療や看護の
  実践をします。
4. 患者様が苦痛や不安、行動制限によってもたらされる身体的、精神的弊害が最小限になるように
  努めます。
5. ベッドコントロールを速やかに行い、健全な病院経営に参画します。
6. 人間として、職業人として成長を図るために自己研鑽に努める。